本文へスキップ

岩手県盛岡市の松園第二病院です。

看護科安全対策委員会

活動目標

「看護職員一人ひとりが患者様の安全確保に向けた行動ができる」


活動計画


1.安全パトロールの実地(年2回)

   ゴミの分別やゾーニング、安全な環境の配慮、消毒液の期限等を点検


2.安全川柳の募集と掲示

   安全についてみんなで考える機会にするため、全職員を対象に安全川柳の募集を行います。
   インシデントの意識付けとなる作品選び、毎月2題づつ各部署に掲示しています。
   年度末には、全作品の中から心に残る作品を院長に選んで頂き、「院長賞」を決定しています。

    「 院長賞 」  H23年度  H24年度

3.危険予知トレーニング(KYT研修)の実施

   目的:「ヒューマンエラーを起こす自分の認知度・行動特性を知り意識することで、安全な看護に役立つことができる」

   研修内容:自分のリスクの認知度、自分の行動パターン、思い込み誘発テストを行い誰もがヒューマンエラーを起こして
          しまうという体験を共有。

4.作業中断中のカードの作成