本文へスキップ

岩手県盛岡市の松園第一病院です。

電話でのご予約・お問い合わせは
松園第一病院 TEL.019-662-6111
松園第二病院 TEL 019-662-0100

 月々のことば

理事長 河嶋 寛

平成30年10月01日(月)

 
みなさん、おはようございます。
大型台風24号も今朝、三陸沖を通過していきました。
農作物の被害がほとんどなくてホッとしました。
先月の常務会では経営的にかなり厳しい状況が報告されています。
みなさん、ご存知のように、私たちの収入は診療報酬しかありません。
その観点から見ると、第一病院は120床ありますが、
114床が収支のボーダーラインとなっています。
法人全体の中では118床位を目標に頑張って欲しいと思っています。
今週から岩手医大医学部の学生が8名実習に来ます。
その後さらに8名が来ることになっています。看護学部の学生も来ます。
なぜ医大が実習の場としてここを選んでくれたかを考えると、
医療、看護、介護の原点を経験する場所として評価された
からでないでしょうか。
日頃私たちがやっていることを自然の形で見てもらいましょう。
今月もよろしくお願いします。

 

平成30年09月01日(土)

 

みなさん おはようございます。
まだ猛暑や豪雨の所があったりで、台風21号が北上してきており、
日本列島穏やかでありませんが、夜に虫の声が聞こえてくるように
なりました。
昨日の運営会議で、第一病院は黒字となりました。
みなさんのおかげです。しかし、経理の三木課長は黒を目指すためには、
120床の内114床を常時埋めるなければならないと
檄を飛ばしました。私たちはいろいろな条件があるでしょうが、
できる限り患者さんを受け入れて行きましょう。
みなさんが患者さんに向き合う姿があちこちで評価されています。
医療の世界を担う若い学生さんたちが実習の場として
第一病院、第二病院でいろいろな体験をしています。
とてもいいことです。一生懸命にやっている姿をみてもらい、
何かを感じてくれればいいですね。
来月は、岩手医大医学部1年生が8名づつ2回来ます。
看護学生も岩手女子高が来週からの予定です。
今月もよろしくお願いします。

 

平成30年08月01日(水)

 

おはようございます。
28日土曜日の松園夏祭りさんさ踊りに参加された方は
お疲れさまでした。
記録を見ますと、平成6年に初めて松園病院として
盛岡さんさ踊りパレードに参加しました。大型バス2台に乗り込んで
市役所前に集合しました。それから平成9年まで4回連続出場しました。
その後2年間お休みして、
平成12年から毎年松園夏祭りに、参加するようになりました。
地域の方々が毎年期待してくれています。平成15年に両方の病院の
入れ替えが行われ、その年から第一病院の町内会である
東黒石野町内会夏祭りにも参加するようになりました。
医療、看護、介護の基本は人との交流です。その意味でさんさ踊に
よる地域の人たちとの交流は大事な事業のひとつです。
今日から盛岡さんさ踊が始まります。第二病院3病棟の一戸さんが
ミスさんさに選ばれたことは知らない人はいないと思います。
働きながら看護学校に通い正看の国家試験に合格した後もそのまま
仕事を続けています。その忙しい合間に踊りの練習をして大勢の中から
選ばれたことは素晴らしいと思います。
連日の猛暑の中で今日から始まる4日間も大変ですが、
ミスさんさとしての仕事をこなさないといけません。
みんなで応援したいと思います。
夏休みに入りました。今月も事故に気を付けて元気で過ごしましょう。
 

平成30年07月02日(月)


みななさん おはようございます。
先週の土曜日は松友会主催のビアパーティーに約60名が参加して
とても盛り上がりました。幹事の方もごくろうさまでした。
世の中、賞与の話題で盛り上がっていますが、これは一部の企業に
限られているだけで、中小企業や医療、介護の世界は非常に厳しい状態なんですね。
では、私たちはこれからどうなるかというと、大きな方向としては、第一病院は
介護医療院として再出発し、第二病院は地域に密着した地域包括支援病院を目指して
いきます。いずれも国策に沿ったものとして間違ってはいないと判断しています。
もちろん、これから紆余屈折があるでしょうが、迷うことなく頑張ってまいります。
今後いろんな形でご相談しますのでよろしくお願いします。病院も厳しい環境に
ありますが、人事考課もおわり、その結果を参考にして賞与をお渡しします。
みなさんにとって、働き甲斐のある職場を目指しましょう。
夏の季節を迎えます。事故のないよう、体調を管理して今月も頑張りましょう。



平成30年04月02日(月)

 
みなさんおはようございます。
今日から新年度が始まります。人事に関しては事務から報告がありますが、
退職される方々は本当にごくろうさまでした。そしてありがとうございました。
また、本日から私たちの仲間として新たに職場に来られた方々は、早く環境に馴染んで
力を発揮してください。
医療法人共生会の今後の方向性について、先日の理事会、社員総会において協議し、
決定しました。第一病院は介護医療院を目指してこれから本格的に実現に向けて
検討していきます。場所は、この裏の土地を広げて新しく建設します。
現在のスタッフ、患者さんはそのまま移動します。
詳しくは随時みなさんと相談していきますので、なお一層頑張ってください。
第二病院は、病院としての在り方を含めて様々な角度からさらに検討することに
しました。複合ケアセンターの基本的方針は変わりません。
今月から診療報酬ダブル改定が実施されます。非常に厳しい内容ですが、
医療事務と現場でしっかり検討し、必要な時は勉強会を開いて職員全員が関心
を持つようにしてください。今月から新しい気持ちで取り組んで行きましょう。
よろしくお願いします。

 
 
 
 

平成30年03月01日(木)

 

みなさん おはようございます。
3月に入ったのに今日は寒くて雪が降っています。でも、確実に日が長くなり、
フクジュソウ、ザゼンソウ、ミズバショウがじっと出番を待っているんですね。
「安全川柳」を始めてから何年になりますか?そう、6年ですか。
この部屋には最初の作品からすべて貼ってあります。壁から天井まで。
今日は。平成28年度に寄せられた「安全川柳」の優秀作品を表彰いたします。
私と小笠原看護部長さんと相談して選びました。「安全川柳」はいろいろ案を練る
プロセスが大切なんですね。ですからどの作品もとてもいいんです。
その励みになってくれることを期待して、表彰することにしています。
今年は院長賞と看護科賞に加えて特別賞としてお米(コシヒカリ)5Kgを2名に
用意しました。それでは安全川柳委員の方よろしくお願いします。

院長賞
「おはようと すてきな笑顔で 楽しい仕事」 1B 畠山

看護科賞
「『習慣』がいつのまにか『なれ』となる」  栄養科 川村

あんぜんで賞
「こまやかな安全意識で よい環境 ともに笑顔あふれるよ KYTB 藤澤

せんりゅうで賞
「身だしなみ 相手も自分も はなやかに」 デイ 佐々木

 

平成30年02月01日(木)

 



 

 



平成30年01月04日(木)

 

みなさん、あけましておめでとうございます。
年末年始、事故もなく元気なみんなの顔をこうして見ていると、
今年もこのメンバーで頑張るぞという気持ちが湧いてきます。
この数年の病院を見ていると不安を感じる人もいると思います。
私がいつも注目している評論家に田原総一郎という人がいます。彼が新年の新聞で、
今、日本が直面している重要な問題は北朝鮮でもなくイスラム国でもない。
それは人口問題だと述べていました。
団塊の世代が2025年に75歳となり2040年をピークに人口はどんどん減り、2060年には
1億人を割ることが確実です。それに対して国は具体的な施策を示していませんが、
医療機関、介護・福祉施設、教育施設などを含めた地域全体で住民の生活を守る
構想が確実に進んでいます。
今年も松園第一病院、第二病院、複合ケアセンターは地域の中心になってその役割を
果たすことで、地域の方々の信頼に応え、それが経営的の安定化につながります。
その第1歩が第二病院が選択した地域包括支援病棟です。
今年は、医療・介護の同時診療報酬改定があります。
第一病院は「介護医療院」を選択することも検討中です。
両院の未来はこれからです。みなさんと力を合わせて頑張りましょう。
今月もよろしくお願いします。

 

 

 



 


松園第一病院ビルダークリニック

〒020-0108
岩手県盛岡市東黒石野3-2-1
TEL 019-662-6111
FAX 019-661-2090

松園第二病院ビルダークリニック

〒020-0103
岩手県盛岡市西松園3-22-3
TEL 019-662-0100
FAX 019-662-0124

複合ケアセンターまつぞのビルダークリニック

〒020-0103
岩手県盛岡市西松園3-21-10
TEL 019-601-7402
FAX 019-601-7403