本文へスキップ

岩手県盛岡市の松園第一病院です。


併設施設
松園第一病院
問い合わせ連絡先
〒020-0108
岩手県盛岡市東黒石野3-2-1
電話
TEL 019-662-6111
FAX 019-661-2090
メール
info1@matsuzono.jp




栄養科

松園栄養だより

 R2

 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

構成人員

 管理栄養士    (1名)
 委託管理栄養士  (1名)
 委託調理師    (2名)
 委託調理員    (5名)

お食事の時間

 (朝)8:00  (昼)12:00  (夕)18:00

当院の食事について

 医師の指示のもと、入院中の食事は治療の一環として、患者様の病状に応じたお食事を提供しています。
 主食や副食の形態についても、咀嚼・嚥下機能に合わせた食形態で食事を提供しています。
 お食事の形態が合っていない場合や食事摂取量が低下している場合などは、管理栄養士が、食事内容の調整をさせて
 頂きます。お気軽に医師・看護師にお申し出ください。

【副食の形態】
一般の鶏肉
義歯や咀嚼状態に合わせて 
   
Lきざみ
(一口大)
Mきざみ
(フードカッターで刻んだ状態)
Sきざみ
(細かい刻みで、トロミ付)
ブレンダー
(ペースト状にしてゲル剤で固めたもの)

選択食(セレクトメニュー)

 慣れ親しんできた食習慣をくずさないよう、毎週の月曜日・火曜日・金曜日の昼食に、セレクトメニューを実施しています。

 Aメニュー・Bメニューの2種類の献立からお好みの献立をお選び頂き、食べる楽しみに加え、「選ぶ楽しさ」を味わうことが
 できます。

【メニュー例】
Aメニュー Bメニュー

鱈の竜田揚げ

鶏肉の辛子マヨネーズ焼き

揚げ出し豆腐

焼き鳥丼

筑前煮

豆腐田楽

行事食

 正月やクリスマスなどの行事食は年33回実施しています。
 患者様には入院生活の中でも季節の変化を感じて頂けるよう、旬の食材や岩手県産の食材を提供しています。


栄養科の活動

 栄養科は併設の「デイケアセンターまつぞの」利用者様の昼食を提供しています。

 12月はクリスマス週間で、クリスマスケーキを作りました。どのケーキも大好評でした。
苺と生クリームを贅沢に
使い、ワンホールのケーキを
作りました。
クリスマスツリー・雪だるまをイメージし、作りました。
カステラとマスカルポーネチーズで簡単に絶品なティラミスを作りました。

 11月は和菓子週間で、利用者様に和菓子を作りました。
練り切り「柿」
秋の果物の柿本物そっくり
出来上がりました。
ようかん「銀杏」
紅葉した銀杏をイメージし、
作りました。
芋きんつば
さつま芋をふんだんに使いきんつばを
作りました。

 9月は敬老祝賀会にて、お祝弁当・お祝お菓子を作りました。
炊き込みご飯弁当 ちらしずし弁当 赤飯弁当
イチオシは「舞茸の香揚げ」衣に生姜漬けを加えることで、舞茸の風味を生かすことが出来ました。 イチオシは「オレンジの飾り切り」ちょっとした細工ですがそれがおもてなし。ベテランの料理師が華やかに飾ってくれました。 イチオシは「すずきの香味ソースかけ」刻み長ねぎ、生姜、大場入りの香味ソースがおいしさのポイントです。

さつま芋ご飯弁当 きのこご飯お弁当 鮭ご飯弁当
イチオシは「さんまのお月見団子」十五夜だったこともあり、旬のさんまのすり身を満月見立てて作りました。 イチオシは「きのこご飯」しめじ・しいたけ・にんじんのシンプルな炊き込みご飯です。 イチオシは「濃平汁」鶏肉と根菜の旨味が染み出した汁は絶品!やさしい味わいでお弁当が引き立ちました。

5月はお花見週間で、「春」 「桜」 「お花見」をテーマにお花見弁当とお菓子を作りましたので紹介します。
桜ちらし弁当 練り切り 桜水ようかん
春らんまんの味と香りが漂いました。 タイトルは「桜・満開」色も形もきれいに出来ました。 桜の花を浮べ2層に仕上げました。

 ”調理師提案!新おやつ”として「白がんづき」を作りましたので、ご紹介いたします。

 【白がんづき】
「がんづき」は岩手県の郷土料理です。

上白糖、牛乳、チーズを加えた「塩がんづき」を
つくりました。

小麦粉、重曹、卵、最後に酢を加え、もちもちした
触感になりました。

 【みみっこもち】
みみっこもち

小さいころ、祖母がおやつとして、いつも作って
くれた思い出のおやつです。
耳の形に似ているため、みみっこもちといいます。
小麦粉に水を加え生地を作り、黒砂糖と胡麻を入れ
、耳の形に包み、お湯で茹で、出来上がりです。
出来たてはもちろん、熱々で中の黒砂糖が
とろっと!!冷めてもトースターで両面焼くと、
香ばしくてお勧めです。